エアコンのカビ防止グッズをご紹介♪

土壁に生えてしまったカビの落とし方は?スゴすぎて感動!

土壁のカビを取る方法

はじめに

我が家の寝室の壁は、クロス素材ではなく土壁でできています。その土壁に、いつの間にか生えてしまったカビ。そんなちょっとやそっとのカビではありません。広範囲に大量に発生しています。。

普段掃除のことについて何も言わない妻も、「さすがにこのカビやばくない?」と言われてしまい慌てて対応。すぐに雑巾で拭いたり、メラニンスポンジで擦ったりしましたが、カビが落ちるどころか土壁がボロボロ落ちだしたため作業は中断。効果も全くなし。

やはり、自力でカビを取るのは無理かとあきらめていましたが、そんなときにインターネット見つけたのがカビホワイト 強力除去スプレー」というカビ取り剤

正直、半信半疑でこのカビ取り剤を購入したのですが、記事のタイトルに書いた通り、本当にスゴすぎて感動しました!!実際にこのカビ取り剤「カビホワイト 強力除去スプレー」を使い、土壁のカビ取り掃除をしましたのでご覧ください。

土壁にカビが生える原因は?

土壁に生えたカビを除去する方法

土壁は、部屋の湿気を調節してくれる特徴があります。部屋の温度が高いときは湿気を吸収し、湿度が低いときは湿気を放出します。これによって、カビや結露が発生するのを防ぐ効果があります。

しかし、部屋の風通しが悪かったり、換気をしなかったりすると土壁が湿気をため込み放出できなくなります。分かりやすく言うと、土壁がキャパオーバーを起こします。

その結果、部屋の湿度が上がりカビが発生してしまいます。我が家で思い当たるのが冬場の窓付近の結露。これが原因でカビが発生したものと思われます。

以下では、さらに詳しいカビが生える原因と、カビの予防対策について書いていますので、ぜひ読んでみてください。Check!

壁のカビ原因と予防対策 壁のカビはなぜ生えるのか?原因と予防対策をご紹介

土壁に生えたカビの落とし方

ここからは、実際に土壁に生えたカビを除去していきます。冒頭でも少し触れましたが、今回購入したカビホワイト 強力除去スプレーというカビ取り剤を使います。室内の壁にカビキラーを使用するのはNGですので、必ず「カビホワイト 強力除去スプレー」を使いましょう。

エタノール(アルコール)でもカビ取り効果があるという記事もありますが、いまこの状況でどこにも売っていなかったことと、あまりに酷いカビだったためより強力なものを使いたいと思い、このカビ取り剤を選びました。

カビホワイトの原液を薄めスプレーを作る

土壁に生えたカビを除去する方法

まず、購入したカビホワイト 強力除去スプレーと空のスプレーボトル容器を準備してください。土壁の場合は水拭きがしにくいため、カビホワイト 強力除去スプレーの原液を水道水で2倍に薄めます。

準備するもの
  • カビホワイト 強力除去スプレー
  • スプレーボトル容器
  • ゴム手袋
  • 使い古しのタオル

土壁に生えたカビを除去する方法

必要な分だけ原液をボトルに注ぎます。

土壁に生えたカビを除去する方法

原液を注いだら、水道水で2倍に薄めます。

土壁に生えたカビを除去する方法

水道水を入れたら、スプレーのキャップをして完成です。とても簡単ですね。なお他の洗剤を間違えないように、ボトルにシールなどの目印を付けておくのがおすすめです(シールが見当たらずこのままですが)。

作業スペースを確保する

土壁に生えたカビを除去する方法

スプレーを作ったら、いよいよカビ取りです。実際の作業に入る前に、スプレーが土壁以外にかからないよう作業スペースを確保しましょう。我が家のカビは、このカーテンの裏側に隠れています。

※閲覧注意

土壁に生えたカビを除去する方法

カーテンを開けると、恐ろしい量の黒カビが発生しています。このカビと一緒に寝ていたかと思うと本当にゾッとします。。

土壁のカビに直接スプレーする

土壁に生えたカビを除去する方法

スペースを確保したら、先ほど作ったスプレーボトルを用意しカビが生えてる箇所に直接スプレーします。まんべんなく拭き掛けましょう。

もし、天井などの高い部分にカビがある場合スプレーするのではなく、刷毛などに液体を染み込ませカビ部分に塗るのが安全です。

そのまま15分間放置する

スプレーしたら、15分間そのままにして待ちます。タイマーなどをセットしておくと忘れなくて良いです。

2度目のスプレーをして再度15分放置

15分経ったら、水拭きせずに2度目のスプレーをし再度15分待ちます。1度で汚れが落ちている場合は2度目は必要ありません。

スプレーした箇所を水拭きし乾燥させる

土壁に生えたカビを除去する方法

そして、15分経ったら準備した使い古しの濡れタオルで水拭きしていきます。土壁は強く拭くと、壁がボロボロ落ちるため抑えるようして拭くといいと思います。水拭きすることで乾燥時間も短縮できます。

扇風機で乾かすことで時短

土壁に生えたカビを除去する方法

また、扇風機やサーキュレーターを使用すると時間短縮になります。ご自宅ある方はぜひ使ってみてください。土壁が乾いたら作業は完了です。乾いたら塩素の臭いもなくなりますのでご安心を。

驚くほどきれいになりました

ビフォーアフター

カビ取りが終わったので、ビフォー・アフターを比較してみましょう。アフターは、1日乾燥させ壁が完全に乾いた状態です。

土壁に生えたカビを除去する方法

なんということでしょう!あんなにカビだらけだった土壁がきれいに生まれ変わりました。

土壁に生えたカビを除去する方法

拡大してもカビが取れているのが分かります。正直期待していなかったのですが、こんなにきれいになり私も妻も本当に感動!!

土壁に生えたカビを除去する方法

カーテンの裏以外にもカビが生えている箇所があったのですが、ここもついでにカビが取り。すっかりカビが取れています。「カビホワイト 強力除去スプレー」最強!

土壁以外にも珪藻土(けいそうど)、砂壁、クロス壁、またユニットバスやタイル貼りのお風呂(天井 壁 床)などにまで幅広く使えます。

さらに、防カビ効果も期待できます。目に見えないカビの菌糸や薬品に耐性を持った塩素耐性菌まで除去するため、次のカビが生えづらく最長3か月程度カビを防ぐことが可能です。

カビの予防方法

空気の循環を良くする

せっかくカビを除去したのであれば、もうカビは生やしたくありませんよね。一番の防カビ対策は、空気の循環を良くすることです。部屋の風通しが悪かったり、換気をしなかったりするカビが生えやすくなります。

我が家の例のように、カーテンの後ろなどは風通しが悪いためカビができやすい場所です。他にもトイレや洗面所などもその対象になります。湿気をこもらせないように、こまめな換気と除湿を心掛けカビを防ぎましょう。

湿気があまりに酷い場合は、除湿器の設置をおすすめします。家にいない時は除湿機をかけ部屋の湿気を取り除きましょう。

まとめ

土壁のカビ取りには「カビホワイト 強力除去スプレー」が最強です。土壁のカビ取りと聞くと難易度が高いように思えますが、今回のように市販のもので手軽にできます。自分でやるのが面倒であったり、難しい場所の場合は専門業者にお願いすることをおすすめします。

カビは部屋の見た目だけでなく、カビの胞子を吸い込んでしまうと身体にも悪い影響を及ぼします。なので早めの対策を心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です