エアコンのカビ防止グッズをご紹介♪

ガスコンロ掃除は油汚れに強い「セスキ」がおすすめ

ガスコンロの掃除

はじめに

毎日ように使うキッチンのガスコンロは、すぐに油汚れが付いてしまいます。掃除が面倒くさいからと言って放っておくと、火の熱で汚れが焦げ付いてしまい取れにくくなります。私も幾度となく経験しました。。

この取れにくくなった油汚れに効果を発揮するのが、いま話題の「セスキ炭酸ソーダ」です。今回は、このセスキ炭酸ソーダを使いガスコンロまわりを掃除します。実はこれまで使ったことがなく初めて使ったのですが、驚くほどきれいになりました。

セスキ炭酸ソーダとは

セスキ炭酸ソーダ

掃除に入る前に、そもそもセスキ炭酸ソーダってなに?という方も多いと思いますので、簡単にセスキ炭酸ソーダについて説明します。大きな特徴は2つあります。

油汚れに強いアルカリ性剤

セスキ炭酸ソーダは通称「セスキ」と呼ばれています。特徴は重曹と同じアルカリ性ですが、重曹よりアルカリ濃度が高く、重曹の10倍強力な洗浄力と言われている点です。

油汚れやたんぱく質汚れは酸性なので、反対の成分アルカリ性のセスキを使えば効果的に落とすことができます。

水に溶けやすく使いやすい

もう1つの特徴は、セスキはサラサラの粉のため水に溶けやすい点です。水に溶けやすいとつけ置きや洗濯など幅広く使えます。

掃除する前に準備するもの

掃除道具を準備する

掃除をはじめる前に、以下のものを準備しておきましょう。これらはインターネット通販やドラックストアなどで簡単に購入できます。またリーズナブルに済ませたい場合は、ダイソーなどの百均でも揃えることが可能です。

  • セスキ炭酸ソーダ(粉末)
  • スプレーボトル
  • キッチンペーパー
  • ゴミ袋
  • スポンジ

スプレーに使うセスキ水を作る

セスキでコンロ掃除

準備した「セスキ炭酸ソーダ(粉末)」と「スプレーボトル」を使いセスキ水を作っていきます。セスキで掃除するときは、粉末のままでなく水に溶かしセスキ水にして使います。

セスキでコンロ掃除

作り方はとても簡単。水500mlを入れたボトルに、セスキ粉末小さじ1(5g)を入れます。セスキを入れたら、ボトルのキャップをして軽く上下に振り、混ざれば完成です。セスキは水に溶けやすいためすぐに混ざります。

なお、セスキをボトルに入れる際は、家にあるチラシでなどで”漏斗”を作るのがおすすめです。特に難しい作り方はしておらず、チラシを丸めてテープで止めているだけです。これなら、使ったあとも捨てられるので洗い物も出なく楽チンです。

セスキ水を作るのが面倒という方は、以下セスキの激落ちくんなどセスキ水になっているものを買いましょう。Check!

まとめ

今回、初めてセスキを使い掃除をしましたが、油汚れをよく落としてくれる洗浄剤です。しつこい汚れにお悩みの方はぜひ使ってみてください。コンロまわりがきれいになったので、これで妻にも気持ちよく料理をしてもらえそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です